• 文字サイズ A A A |

バラやカーネーションなどの切花にもフェアトレード認証製品があることは、意外にまだ広く認知されていません。世界の切花はそのほとんどが大規模なプランテーションで生産されていますが、そこで使用される農薬や汚水が適切に処理されずに環境に大きなダメージを与えたり、農薬を散布する労働者へ十分な防護服が提供されずに健康被害をもたらしたり、低賃金で働かされたりといった問題が指摘されてきました。

そこでフェアトレード基準の設定を求める声が強まり、2004年、切花にも国際フェアトレード基準が設定されました。以来、日本でも2006年から一部のスーパーマーケットや花屋でフェアトレード認証のバラやカーネーションが販売されています。フェアトレードフラワーは、ケニアやタンザニアを中心とした東アフリカ諸国と、コロンビアやエクアドルなどのラテンアメリカ諸国で多く生産されています。

さまざまな場面で特別なときを演出してくれるお花が、実はその裏側で環境や生産する人たちを苦しめていたら悲しいですね。今度のお祝いや贈り物には、環境にも作る人たちにも優しいフェアトレードフラワーを選んでみませんか。

日本で販売されているフェアトレード認証フラワー