• 文字サイズ A A A |

フェアトレードに関する FAQ

フェアトレード全般について

すべて表示 / すべて隠す

フェアトレードとは何ですか?

フェアトレードとは、私たちの日常を支える輸入品の多くを作っている開発途上国の生産者たちと、安定かつ持続可能な取引をすることで、生産地の環境を守り彼らの生活をサポートする「貿易のしくみ」です。

フェアトレード認証ラベルとは何ですか?

フェアトレードに明確な基準を設定し、それを守った製品であることを買う人に分かりやすく伝えるために製品にラベルを貼る、というコンセプトで始まったのがフェアトレード・ラベル運動です。

国際フェアトレード認証ラベルは、その製品が原産国で生産されてから、日本で「フェアトレード認証製品」として店頭に並ぶまでのすべての過程で、国際フェアトレードラベル機構FLO(Fairtrade International)の国際フェアトレード基準が守られていることを証明しています。

国際フェアトレード基準詳細(英語)

国際フェアトレード基準とは何ですか?

フェアトレード認証ラベルを製品に貼付するために、FLOによって定められた生産者およびトレーダーが遵守すべき基準です。主に次のような基準が設定されています。

生産者に関する基準

  • 社会 -生産者は組合を作り、透明性のある民主的な活動を行う。安全な労働環境、人権の尊重、人種差別・児童労働・強制労働の禁止などILO条約(国際労働条約)を守る。
  • 社会・経済 -商品代金とは別に支払われるプレミアム(奨励金)を民主的に運用し、組織と地域全体の社会・環境にとって持続可能な発展に取り組む。また付加価値の向上や品質管理への取組みなどを通して生活向上を目指す。
  • 環境 -農薬・薬品の使用規制、廃棄物の適正管理、リサイクルの促進、土壌・水源の保護、生態系の保護、遺伝子組み換え品の禁止などの環境に関する基準を守る。

取引に関する基準

  • 認証 -フェアトレード産品の売買に関わる組織はすべて監査を受け認証を取っていること
  • トレーサビリティの確保 -フェアトレード産品は通常品と混ぜることなく区別して管理すること
  • 契約 -生産者と取引業者は、フェアトレード基準に則り双方が合意して透明性のある契約を結ぶこと
  • 持続的な取引の促進 -生産者が安定した生活を営み、品質向上や環境に配慮した生産に取り組めるように
  • 前払いの保証 -生産者が債務のわなに陥ることがないよう、必要があれば代金の前払いを保証すること
  • 価格の保証 -不安定な市場価格に対して、フェアトレードでは持続可能な生産と生活に必要な価格を保証すること

詳しくは国際フェアトレード基準の原文を参照(英文)をご覧下さい。

フェアトレードによって誰が恩恵を受けますか?

フェアトレードは、生産者、消費者、そして環境へ大きな恩恵を与えています。

生産者へのインパクト

2010年現在、中南米、アフリカそしてアジアの63カ国で約120万人の生産者が、さらにその家族を含めると推定約750万人がフェアトレードによる利益を受けています。トレーダーによる最低価格の保証、およびプレミアムの支払いにより以下のような恩恵を生産者へもたらすことができます。

  • 低金利・無利子ローンへのアクセス向上
  • 生産性、安全性および品質向上のための技術支援
  • コミュニケーションシステムの向上
  • 保健・衛星の向上
  • 教育の提供
  • 組合メンバーへの生産技術トレーニングの提供
  • 各コミュニティーで必要とされている設備、サービスへの投資

消費者へのインパクト

消費者へは以下のような恩恵をもたらします。

  • 消費者の理念と価値観による購買オプションの提供
  • グローバル貿易による不均衡を解決するための、プレーヤーとなる権利提供
  • 安全で高品質な製品の提供

環境へのインパクト

フェアトレードは下記に代表される、環境に配慮した持続可能な生産を促進します。

  • 公害および農薬・除草剤の使用量を最小限に抑えた生産および総合的な管理による持続可能な生産計画
  • 有機農法技術による生産
  • 危険度の高い殺虫剤の使用禁止

世界のフェアトレード認証製品市場規模はどれくらいですか?

フェアトレード認証製品の市場規模はここ数年、10~30%の割合で拡大を続けています。2010年においては、前年より27%増の43.6億ユーロでした。

最低価格を保証しさらにプレミアムを生産者へ支払うことは、生産量を増加させ供給過剰という問題を引き起こすのではないでしょうか?

フェアトレード認証を受けた生産者は、フェアトレードによって増えた収入を増産というよりもむしろ住居環境の改善、子供への教育提供、および生産物の品質向上のために使います。また生産者は、収入源を単一作物に頼る状況から脱却し、多角化を図るための初期投資としてプレミアムを活用する事もあります。プレミアムの活用方法は各生産者組合に委ねられ、教育資金、保健・衛星プロジェクト等に活用される事がほとんどです。このように、フェアトレードの恩恵は生産者個人だけではなく社会全体で共有されていると言えます。

最低価格はどのように決められているのですか?

最低価格は持続可能な生産ができるコストをカバーできる価格であり、個々の取引よって決定される価格ではありません。公平で体系的な方法によりFLOによって決定され定期的に見直されています。

最低価格やプレミアムはどこで知ることができますか?

FLOのホームページでご確認頂けます。

最低価格・プレミアム検索

フェアトレードは寄付型商品、チャリティーや慈善事業とどう違うのですか?

フェアトレードでも利益の一部は、必要な物を買ったり、学校を建てたり、いわゆる慈善事業のように使われます。しかし大きな違いをもたらすのは、一時的な援助ではなく生産者にとって適正な条件で長期的に取引が行われる、という事です。それにより「持続的に」生活向上を支えていく事が出来るのです。そして、生産者と地域が経済的・社会的に自立出来るように、彼ら自身で国際市場に関わっていくためのサポートが行われる、という点もフェアトレードの特徴です。

認証・登録について

すべて表示 / すべて隠す

認証と登録の違いは何ですか?

認証とは、オペレーター(生産者、現地加工組織、輸出組織、輸入組織、製造組織、卸組織、ライセンシー)が国際フェアトレード基準とFLO-CERT規定を遵守していることをドイツにある認証機関FLO-CERTが判断する行為を指します。一方登録は、オペレーターが国際フェアトレード基準とFLO-CERT 規定を遵守していることを、FLJ を含む各国ラベル組織が判断する行為を指します。

フェアトレード認証生産者から製品(原料)を輸入するにはどうすればよいですか?

フェアトレード認証製品(原料)を輸入するためには、ドイツにあるFLO-CERT又はFLJ から輸入業者認証(登録)を取得する必要があります(※)。認証管轄組織は、事業規模などの条件によって異なります。詳細は、「登録と料金(輸入・製造・卸組織)」にてご確認下さい。

※ワインについては、生産者から製品を輸入する場合であっても認証(登録)が必要のない場合がございます。FLJまでお問合せ下さい。

すでに取引のある開発途上国の生産者に生産者認証を取得させるにはどうすればよいですか?

生産者の認証および監査は、FLO-CERTによって行われています。申請の詳細は、FLO-CERTのホームページでご確認ください。

FLJへの申請、登録費用を教えて下さい

各々の役割によって登録費用は異なります。詳細は、「認証の取得」を参照下さい。

認証・登録申請から認証・登録までどれ位の時間を要しますか?

ドイツにあるFLO-CERTへの申請、および認証取得までには、約6~8週間を要します。FLJへの申請、登録取得に要する期間は約2週間です。ただし、申請内容、状況によって異なりますので、申請時にご確認下さい。

自社ブランド商品としてフェアトレード認証製品を販売したいのですが

FLJとランセンス契約を締結する必要があります。詳細「認証の取得」を参照下さい。

フェアトレード認証製品を自分のお店で販売するにはどうしたら良いでしょうか

認証ラベルの付いた完成品を日本国内の卸業者より仕入れて販売する場合、FLJとライセンス契約を結ぶ必要ありませんが会社名・団体名の登録をお願いしています。ただし、自社ブランドとして商品を販売する場合にはライセンス認証が必要です。

認証ラベルの付いた完成品を原産国以外の海外より輸入して日本国内で販売したいのですが

原産国以外の海外より完成品を輸入する場合には、FLJとの「覚書」にサインして頂く必要があります。様式G:FLOフェアトレード認証完成品輸入販売申請書をご提出下さい。

フェアトレードのコーヒーを一部使用して製品を作りたいのですが

フェアトレード基準の設定されている産品は100%使用することが原則で、非認証原材料とのブレンド製品は認証ラベルを貼付することができません。よって、コーヒー焙煎豆の製品であれば、フェアトレード認証の豆を100%使用して頂く必要があります。

フェアトレードの砂糖を使用したお菓子を販売したいのですが、フェアトレード認証製品として販売することはできますか

チョコレートやクッキーなど、フェアトレード基準の設定されている産品(=フェアトレード認証原料として入手できるもの)と、フェアトレード基準の設定されていない産品(=フェアトレード認証原料としてはまだ存在していないもの)の両方を原材料に使用して商品化する場合には、「複数原材料製品のフェアトレード基準」に沿って商品化することが必要です。

監査ではどどのようなことをチェックされるのでしょうか

国際フェアトレード基準を遵守した取引、製造を行っているかを見させて頂いております。具体的な監査項目は、「監査」にてご確認ください。

認証ラベルのプロモーション活動について

すべて表示 / すべて隠す

イベントでパンフレットを配布しプロモーション活動をしたいのですが、パンフレットを頂くことは可能ですか?

FLJ事務局までお問い合わせ下さい。可能な限り対応致します。

ポスターやパンフレットに認証ラベルを掲載し、独自に販促物を作成しフェアトレードのプロモーションをしたいのですが

フェアトレードのプロモーション活動は大歓迎です。ただし、独自に作成された販促物はFLJの使用許可が必要です。様式F:国際フェアトレード認証ラベル 使用許可申請書(記事・原稿用)に必要事項を記入し、販促物を添えてFLJまで送付下さい。(メールでも郵送でも可)なお、無断でフェアトレード認証ラベルを紹介する事は固く禁止致します。

認証ラベル関連の記事を雑誌(新聞、教材)に掲載したいのですが

雑誌、新聞また教材へフェアトレード認証ラベルを題材として取扱って下さることは大歓迎です。ただし、FLJが内容を確認する必要がありますので、様式F:国際フェアトレード認証ラベル 使用許可申請書(記事・原稿用)に必要事項を記入し原稿を添えてFLJまで送付ください。(メールでも郵送でも可)なお、無断でフェアトレード認証ラベルを紹介する事は固く禁止致します。

認証製品について

すべて表示 / すべて隠す

フェアトレード認証対象となっている産品の種類が限られているのは何故ですか?

新しい産品を認証対象に加えるには、それよる生産者へインパクトを厳密に調査し、また新しいフェアトレード国際基準を作成しなければならず多くの時間と資金が必要です。ラベル運動の初期段階では、小規模生産者、労働者に大きな影響を与えることができるコーヒーや紅茶といった身近な産品のみを認証の対象としていました。それ以降対象産品の種類は徐々に増え、現在では食品の他に切花、サッカーボール、コットン製品、金などが認証対象産品となっています。

フェアトレード認証製品は有機栽培されたものでしょうか?

すべての製品が有機栽培されたものではありません。しかしながらフェアトレード基準は、持続可能な農法で生産することを取りきめています。また、有機栽培された製品に対しより高い最低価格を保証することで、有機栽培を奨励しています。さらに、プレミアムが有機栽培やその他の持続可能な栽培を行うための技術トレーニングに使われるケースも珍しくありません。生産者の環境への意識も高いと言えるでしょう。

どこでフェアトレード認証を買うことができますか?

「製品紹介」で製品の販売場所とFLOフェアトレードコーヒーなどがご注文いただけるカフェ・レストランを紹介しております。

フェアトレード認証製品は遺伝子組換え品を取扱っていますか?

フェアトレード基準は、遺伝子組換え品の使用を禁止しています。また、近くの農場で遺伝子組換え品を取扱っている場合にも、製品が混ざらないように監視・管理することを定めています。

「フェアトレード」と記載のある商品の中には、フェアトレード認証ラベルが貼付されていないものがありますが、それは何故ですか?

フェアトレード認証ラベルは、FLOが定める国際フェアトレード基準を満たした製品にのみ貼付する事が許可されています。従い、ラベルのない「フェアトレード」製品は、フェアトレード基準を満足しているとは限りません。各団体の基準に沿って「フェアトレード」製品と呼ばれています。

何故FLOは手工芸品を認証の対象産品とはしないのですか?

フェアトレード認証プロセスとその最低価格を定めるシステムは、日常で消費する製品を対象としています。手工芸品は各製品の独自性と生産工程の複雑さから一貫した最低価格を定めることが難しく、認証の対象産品とはしていせん。

フェアトレード製品って高価な気がしますが

安価で買えるものの中には、生産者や産地の環境にとって不利な条件にすることにより、コストを安く抑え、大量消費を促して、中間業者や大企業が利益を得ているものも多くあります。フェアトレードの製品は、生産者に対する適正価格を保証し、価格の中に奨励金や環境保全のためのコストなども含んでいます。なので、通常の製品に比べると割高に感じるかもしれません。しかし、実際にはコーヒー一杯に換算してみると約数円の違いなのです。私達にとって少しの負担が、生産者や環境には大きな違いをもたらします。