• 文字サイズ A A A |

4. 監査

国際フェアトレード認証制度では、原料を生産する生産者から製品にラベルが貼付されるまでに関わるすべての認証組織に対して、定期的に監査を実施し、認証ラベルの信頼性を保持しています。認証事業者は、認証機関(日本の場合はFLJ)による監査を受けることが義務付けられています。

監査では、それぞれの組織が国際フェアトレード基準を遵守した生産や売買を行っているかをチェックし、遵守していないと判断された場合には、一定期間内で改善していただくことが求められ、それでも改善されない場合には、認証の一時停止や取消処置を行います。

認証・監査の詳細は、R-04 認証・監査規定をご参照下さい。

※FLOCERT認証管轄組織の監査詳細については、FLOCERTのウェブサイトにてご確認ください

監査確認項目 Compliance Criteria List-Trade Certification(英語)
監査確認項目(日本語)

監査のポイント(日本語)